夜逃げのやり方や方法は?借金は踏み倒せる?失敗したらどうなる?

夜逃げをしたいけど失敗したらどうなる?

「生活が苦しい・・・」

「借金が返せない・・・」

「もう夜逃げするしかない・・・」

このように借金が返せなくなると夜逃げを考えることもあるかもしれません。しかし、夜逃げをするのは簡単なことではないというのは容易に想像できますよね。では、夜逃げに失敗したらどうなるのでしょうか?夜逃げが成功すれば借金を踏み倒すことはできるのか?今回は多くの借金問題に関わってきた当サイトの管理人がこれらの点についてまとめてみました。

>>あなたの借金はいくら減らせる?無料シュミレーションはコチラ

夜逃げのやり方や成功させるコツは?

今は夜逃げしか考えられないという方は、夜逃げはどういうやり方をすればよいのか?成功させるにはコツがあるのか?とお考えだと思います。基本的な夜逃げの方法としては以下のような流れになります。

STEP1:夜逃げをするには1ヶ月以上前から入念に準備

夜逃げを成功させるには入念な準備が不可欠です。どういうやり方で夜逃げをすれば失敗せずに夜逃げできるかをしっかり考え準備していきましょう。

STEP2:夜逃げ前に不動産屋に退去の連絡

賃貸でアパートやマンションを借りているのであれば、無駄な費用が掛からないためにも夜逃げをする前に不動産の退去手続きをしておきましょう。ただし、よりバレないようにするには翌月分の家賃を払っておくことで怪しまれずに逃げることができます。

STEP3:夜逃げ前に荷物の宅配の手配、不用品の処分

夜逃げをするのであれば運べないような大型の家具や不用品は処分しておくようにしましょう。そして、細かなものなどは少しずつダンボールに詰めて送ることで、夜逃げ時に苦労せずに済みます。もし、すべて運び出せないようであればレンタル倉庫などを使用するのもありです。

STEP4:夜逃げをいざ実行

すべての準備を済ませたら、あとは予め決めておいた日に夜逃げをするだけです。

夜逃げが成功すれば借金を踏み倒すことはできる?

上でご紹介した夜逃げのやり方を読んであなたはどう思いましたか?

そんなうまくいくわけない、そう思ったのではないでしょうか?

実際、夜逃げをするのは簡単なことではありません。たとえ夜逃げをすること自体はできたとしても時効が成立するまでひたすら逃げ続けなくてはいけないのです。また、他の人への罪悪感やいつバレるのかという恐怖心をずっと抱えることになります。

夜逃げをすることでさまざまなストレスを抱えることになります。あなたにはその覚悟がありますか?

夜逃げに成功しても時効は成立しない?

必死の覚悟で夜逃げに成功したとしても、残念ながらテレビのように簡単には時効は成立しません。なぜなら、時効は中断できるからです。実は時効というのは中断の手続きを行い裁判所に認められれば何年経っても時効はストップしてしまうのです。

時効が中断されてしまえばいくら逃げ続けたとしても借金がなくなることはありません。これでは何のために夜逃げをしたのかわからなくなってしまいますよね。

そもそも夜逃げに成功はない!

何をもって夜逃げに成功したか失敗したかという話ですが、そもそも夜逃げに成功するということはありません。夜逃げをすることで今の場所から離れることができても、いつ見るかという不安を抱えながらひっそりと生きていかなければなりません。住民票を移動することもできず、まともな仕事に就くこともできず、その日暮らしをしていかなかればなりません。

あなたはこれでも夜逃げをしたいと思いますか?

>>あなたの借金はいくら減らせる?無料シュミレーションはコチラ

夜逃げをする前にまずは借金問題を公的に解決できないか無料シュミレーションで確認

夜逃げには様々なデメリットが生じます。そのため、夜逃げを考えるよりもまずは公的な方法で借金を解決できないかを考えてみましょう。

昔とは違い、今は電話やインターネットで簡単に弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談することができます。相談だけであれば費用が掛からないところもあります。

誰かに相談するのが抵抗がある、相談したくてもどこに相談したら良いかわからないという場合にはまずは無料の減額シュミレーションがおすすめです。

簡単な質問に回答するだけですぐに借金がどれくらい減る可能性があるかがわかります。

あなたはどれくらい借金が減れば返済がラクになりますか?完全無料なので、気軽に一度試してみてください。

>>あなたの借金はいくら減らせる?無料シュミレーションはコチラ

夜逃げを考えている人へ知っておいてほしいこと

借金をどうやって返したら良いのかわからない場合、逃れたいという気持ちから夜逃げをしたいという気持ちになるのは致し方ないともいえます。しかし、これまで見てきたようにたとえ夜逃げをしたとしても時効が成立しなければ借金を帳消しにすることはできません

それであれば、自己破産をする方がはるかにマシです。自己破産に対する悪いイメージを持つ方も多いと思いますが、夜逃げに比べればデメリットは多くありません。

もうどうしようもできないと思ったら、逃げるという決断をするのではなくまずは専門家へ相談するようにしましょう。

>>おすすめの債務整理の相談先一覧を見る

夜逃げする前に、まずはお金の勉強してみませんか?

このままではいつか夜逃げすることになるという方は、まずはお金に対する正しい知識を身に着けることから始めてみると良いでしょう。

たとえば、ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」なら無料で生涯役に立つお金の正しい知識を学ぶことができます。累計41万人もの方が受講した人気の講座です。

お金の勉強って学校では教えてくれないので、意外と正しく理解できている人は少ないんです。ですが、この世の中知っているか知らないかで大きな差がつくことはご存知の通りです。ぜひ一度きちんとお金についてしっかり学んでみることをおすすめします。無料で受けられますしね。

関連記事

NO IMAGE

債務整理が会社へバレたらクビになる?債務整理をするリスクは?

NO IMAGE

債務整理で滞納している家賃をチャラにできる?

NO IMAGE

債務整理をすると銀行口座が凍結されるってほんと?

NO IMAGE

ギャンブル依存症で借金地獄〜家族はどうしたらいい?〜

NO IMAGE

借金を減らしたい人に知恵袋よりおすすめの方法とは?

NO IMAGE

警備員が借金を整理するにはどの債務整理がおすすめ?