「特定調停」~弁護士などに相談せずに借金解決~

特定調停とは

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

特定調停とは、民事調停手続きのひとつで、簡易裁判所に調停を申し立てを行い、調停委員が仲裁役となって、債権者と借金の返済条件緩和などについて交渉、和解を目指す方法です。

借金の返済に行き詰まってしまったけれど、自己破産はしたくない。
でも弁護士などに依頼する費用を捻出するのも難しい・・・

そんな場合に利用されるのが特定調停です。


特定調停の流れ

一般的な特定調停の流れは次のようになります。

無題


特定調停のメリット

・弁護士に依頼せず、裁判所に手数料を納め、自分で手続きすることで費用を節約できます。
・借り入れ当初までさかのぼって利息制限法による金利の再計算を行いますので、借金を減額できる可能性があります。
・任意整理と同様に、一部の債権者とのみ調停を行うことが可能です。
・申し立てをした時点で、すぐに請求が止まります。
・特定の職種に就くことができない、といった資格制限がありません。
・官報に掲載されることがないので第三者に知れることはありません。


特定調停のデメリット

・任意整理と比べ、法的手続きとなるため手続きが複雑です。
・弁護士が速やかに債権者からの督促を停止させる任意整理と違い、特定調停では書類を準備して申し立てが完了するまで催促され続けることになります。
・更にあくまでも調停は話し合いであるため、必ずしも相手が応じる義務はなく、不調に終わる可能性があります。
不調に終われば、しっかり遅延損害金まで請求されます。
・利息制限法による再計算を行った結果、過払い利息が発生していても、裁判所は過払い金の請求まではしてくれません。
そのため、キャッシングやカードローンなどを長期間利用している人には向いていない方法です。


特定調停はデメリットが大きい

費用が安く済むということで、一時は人気のあった特定調停ですが、最近では特定調停を行う人は減っています。
その数は自己破産の件数よりも少ないほどです。

これは実際に調停が成立する確率が低いことや、過払い利息の請求ができないことが大きいです。
もし調停が不成立の場合は、遅延損害金まで発生してしまうのため、正直メリットはあまりありません。

費用を出し惜しみしたことで、せっかくの労力が水の泡になってしまっては元も子もないため、
確実に借金を解決したいと望むのであれば弁護士などの専門家に依頼するのが無難といえます。

また、街角法律相談所なら簡単に自分にあった専門家を探すこともできるので、参考にしてみてください。

街角法律相談所の詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ