特定調停をした後に返済を滞納すると強制執行になるってホント?

特定調停が成立した後に返済を滞納するとどうなる?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

特定調停が成立し、当初は返済計画通りに順調に返済していたけれども、
返済するのが難しく滞納してしまった…
そんな場合、どのような影響があるのでしょうか?

まず、特定調停が成立すると、裁判所から調停証書と呼ばれる通知が送られてきますが、
この証書は確定判決と同じような効力があるため、この調停証書によって
強制執行をすることができてしまいます。

もし、返済を2回以上滞納してしまうと、残っている借金を一括で支払うように請求がきます。
ですが、残りの借金を一括で支払うなんて、まず無理ですよね。
そうなってしまうと、ついに強制執行をされてしまいます。

強制執行では、給料や口座のを差し押さえられてしまうため、
延滞や滞納はなんとしても避ける必要があります。

もちろん、給料や口座だけでなく大きな資産がある場合はそちらも対象になりますが、
特定調停をし、返済が滞るような状況であれば、特に資産は持っていないでしょうから、
通常、給料などが差し押さえられることになります。


返済が遅れてしまう場合はどうしたらいい?

224f823d1ca3443d3a0f74b2f9bfb887_s

計画通りに返済することがどうしても難しいようであれば、
まずは債権者に連絡をして、支払いを待ってもらうようお願いしましょう。

滞納したからといって、必ず強制執行しなければいけないわけではなく、
あくまでも強制執行できるということですので、まず債権者にお願いしましょう。

債権者としては返済を無事にしてもらえれば、問題ない場合もありますので、
交渉してみる価値はあります。


この先返済が難しい場合は?

債権者に対してお願いをしても受け入れてもらえず、返済もどうしても難しいようであれば、
弁護士などの専門家に相談をしてみましょう。

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

特定調停をした後でも、個人再生や自己破産を行なうことはできます。

極力計画通りに返済していく必要がありますが、もしも払えなくなっても諦めてはいけません。
専門家に相談すれば、解決策を示してもらえるかもしれません。

手っ取り早く相談先を見つけたいという方は、街角法律相談所無料シュミレーターを使えば、簡単に専門家を無料で調べることができます。

【解決事例】
2015y10m15d_230138254



街角法律相談所無料シュミレーター

サブコンテンツ

このページの先頭へ