自己破産した事を履歴書に書かなきゃいけないの?

自己破産をすると就職の時に影響ってあるの?

7dcedf3f6517b1ef70cd8aa394523bb7_s

自己破産をすると就職活動をする時に影響があるのかどうかって気になりますよね。
自己破産に対して、良い印象を持つ人はいないでしょうからね。

本当のことを書いたら落ちるんじゃないか?
でも、さすがに虚偽はまずいし・・・

自己破産をした場合、今後の就職活動をどのようにすれば良いのか見ていきましょう。


自己破産の事を履歴書に書かなきゃいけないのかな?

自己破産 履歴書

大抵の場合、就職活動では履歴書の提出が必須ですよね。
そこで気になるのが、
「賞罰欄」

ここに自己破産の事を書くべきなのかどうか悩む人が多いようです。

結論としては、自己破産の事を書く必要はありません。

賞罰欄に書かなければいけないのは、犯罪を犯している場合などです。
犯罪をした過去があるにも拘わらず、書かないのは経歴詐称となってしまい、発覚した場合には解雇されることもあります。

しかし、当然ですが、自己破産は犯罪ではありません。
借金を整理しただけに過ぎません。


自己破産の事が会社にばれたらどうなるのかな?

570aea86d24cd4873f98fb0aee5e898a_s

では、自己破産の事を履歴書に書かなかったけれど、就職後に発覚した場合、どうなるのでしょうか?

こちらは、たとえ自己破産の事が発覚したからといって、解雇にされてしまうということはありません。
会社は自己破産を理由に解雇することはできませんので、もし解雇されるようなことになれば、不当解雇にあたります。

ただし、自己破産の事が職場で発覚してしまうと、居づらくなってしまうということはあります。

どこの会社にでもウワサ好きの人はいるものですよね。

そんな人に自己破産の過去について、あることないことウワサされてしまったら、その状況に耐えることができず、自分から辞めてしまうケースがよくあります。

そのため、自己破産で会社を解雇になることはないけれど、自ら辞めてしまうことがあるといえるでしょう。


こんな場合は要注意!

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

基本的に、自己破産のことを就職活動で会社に伝える必要はありません。
しかし、一部例外もあるため注意が必要です。

それは、職業制限がある仕事、の場合です。

自己破産をすると一部の職業では制限を受けてしまいます。
たとえば、弁護士や税理士、警備員などです。

こうした職業の場合は、自己破産の手続き中においては、制限を受けてしまいます。

しかし、自己破産をすると一生これらの職業に就くことができなくなるわけではなく、
免責が確定されるまでの間となっており、確定後にはまたその職業に就くことが可能
です。



自己破産をすると、実際どんな影響があるのかについて、もっと知りたければ弁護士や司法書士などの専門家に相談してみると良いでしょう。
電話相談やメール相談など、今は無料でできる時代です。

借金の状況などは一人一人違いますので、あなたに合った弁護士などを選ぶことが大切です。

自分の場合はどうしたらいいんだろうか?
と、思われる方は、債務整理無料診断というサービスがおすすめです。

簡単な質問に答えるだけで、債務整理について無料診断することができます。

【解決事例】
2015y10m15d_230138254

【借金返済シュミレーター】完全無料で自分に合った借金の解決方法を相談できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ