「任意整理」~借金の悩みを解決する定番~

任意整理とは

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

任意整理とは債務整理の中で最も利用されている方法です。

借金を返済できる見込みがない場合にまず考えるのが任意整理です。
任意整理は裁判所を通さずに、債権者と債務者の間で直接話し合って借金の返済の条件などを決めていきます。

法律に拘束されないため、柔軟な返済条件を決めることができるのが特徴です。

ただし、任意整理は強制力がないため、債権者の協力を得ることが不可欠となります。
債権者との交渉を進めるにあたり、どうしても法律の知識が必要になるため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的です。


任意整理の流れ

一般的な任意整理の流れは次のようになります。

無題


任意整理のメリット

・原則、手続が完了した後の利息が免除されるので、完済が早まります。
・利息制限法の計算により、債務総額が減少します。取引期間が長ければ、過払いになっていることもあるため、過払金が発生していた場合は回収してもらえます。
・自由度が高い手続きのため、一部の債権者だけ整理するというようなことも可能です。
・弁護士や司法書士などに任意整理の依頼をすることによってすぐに請求が止まります。
・特定の職種に就くことができない、といった資格制限がありません。
・官報に掲載されることがないので第三者に知れることはありません。


任意整理のデメリット

・ブラックリストに載るため、借入が今後約5年間できなくなります。
・借金がなくなる自己破産などに比べると、債務を減らす効果が高くありません。
・任意整理手続きに応じない債権者が増えています。


任意整理を成功させるコツ

・債務を把握する

任意整理を行うにあたり、現在の債務額(借金額)をきちんと把握する必要があります。
通常は弁護士などに指導を受けながら、すべての借金について洗い出します。
それとともに、現在の資産なども明らかにして、どの程度の返済能力があるのかをはっきりさせます。

この時、借金の額がわからない場合は、貸金業者に取引記録を請求するようにしましょう。
貸金業者には取引経過を開示する義務があるため応じてくれるかと心配する必要はありません。

ただし、ここで注意が必要です。
借金の整理に頭を悩ましているところで、「整理屋」と呼ばれるような悪徳業者がつけこんでくる場合があることがあります。
この悪徳業者はさまざまな肩書を装って近寄ってくるため、変だなと思ったら注意するようにしましょう。


どのように弁護士を選べばよいのか?

裁判所を通さないといっても、個人が債権者に交渉しようと考えても通常相手にされません。
では、どうやって弁護士などを選べばよいのか?

まずは債務整理無料診断を試してみると良いでしょう。

無料な上に実名や住所なども不要で、5つの質問に答えるだけで簡単にあなたに合った法律事務所を紹介してもらえることができます。

しかも、サイト内での相談は無料でできますので、使わないのはもったいないと思います。

【解決事例】
2015y10m15d_230138254

債務整理無料診断の詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ