任意整理をするメリットが少ないのはどんな場合?

任意整理をすれば誰でもメリットがあるの?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

債務整理の中でもよく聞く「任意整理」

借金を減らしたいという人にとって、任意整理は誰でもメリットがあるのでしょうか?

基本的には、任意整理をすることで借金が全く減らないということはないでしょう。
しかし、任意整理をしても思っていたほどメリットがなかったというケースはあります。

任意整理の場合、借金の額を減らせるかどうかというのは「利息」がポイントになってきます。


任意整理をしてもメリットが少ないのはどんな場合?

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

まず、任意整理によって借金の額が大きく減るかどうかというのは、「利息」が関係してきます。

たとえば、過去に高い金利でお金を借りていた場合、借金を大きく減らせる可能性が高いです。
場合によっては借金をゼロにできるだけでなく、逆にお金が戻ってくるケースもあるでしょう。

また、何もこの利息は過去の返済分に関してだけではありません。

これから先の利息である「将来の利息」を減らすことができるという意味でも、任意整理をするメリットはあるでしょう。

一方、任意整理をしてもあまりメリットがないケースもあります。

それは、
・貸金業法の改正後(2008年以降)の借金 ⇒ 過払い利息がない
・低金利での借金 ⇒ 将来金利のカットの効果が少ない
といった場合です。

つまり、任意整理をしてメリットが大きいのは、高金利(グレーゾーン金利)で長期間にわたって返済しているような場合です。


グレーゾーン金利って何?

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

今までに何度か登場していますが、グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利20%と出資法の上限金利29.2%の間の金利のことです。

多くの消費者金融などがグレーゾーン金利でお金を貸していたため、この金利で借りていた人は任意整理をすることで恩恵を受けることができるといえるでしょう。


自分の場合はどうなのか弁護士や司法書士に相談

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

「自分の場合はどうなんだろう」

そう思われたなら一度弁護士や司法書士に無料の相談をしてみると良いでしょう。
自分が任意整理をすることでメリットがあるのかどうか確認することができます。

弁護士や司法書士に無料で相談するにはこちら
↓ ↓ ↓
【借金返済シュミレーター】完全無料で自分に合った借金の解決方法を相談できます。



また、いきなり弁護士や司法書士に相談するのはちょっと・・・

そんな方はまずは自分にはどんな債務整理の方法が向いているのかを確認してみることをおすすめします。
もちろん無料&匿名で利用できます。
↓ ↓ ↓
債務整理無料診断

【借金の減額事例】
2015y10m15d_230138254

サブコンテンツ

このページの先頭へ