個人再生って一回しかできない?二回目もできる?

個人再生ができるのは一回だけ?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

個人再生を一度したにも関わらず、年数が経過して再度借り入れができるようになって、
また借金返済に苦しんでいるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

やむを得ない借金という場合もあるかもしれませんが、借金癖がある人は中々直らないものです。
また、ギャンブルにハマってしまった、ストレス解消のショッピングがやめられない、などなど。

では、こうしてまた借金ができてしまった場合に、再度個人再生を行うことは可能なのでしょうか?

結論としては、二回目以降も個人再生をすることはできます。


二回目以降って何か変わるの?

一回だけでなく、二回目以降も個人再生をすることは可能ですが、何か一回目と違う点があるのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

まず、一回目が給与所得者等再生による個人再生を行なった場合で、二回目も給与所得者等再生による個人再生をしたい場合は7年間空いていなければなりません

一回目が小規模個人再生であった場合や二回目は小規模個人再生にする場合は、特に制限はありません。

まとめると次のようになります。

1.小規模個人再生  → 2.小規模個人再生  〇
1.小規模個人再生  → 2.給与所得者等再生 〇
1.給与所得者等再生 → 2.小規模個人再生  〇
1.給与所得者等再生 → 2.給与所得者等再生 7年間は×

ただし、小規模個人再生の場合は、再生計画案を通すときの条件があるので注意が必要です。
その条件とは、

・債権者の半数以上の賛成がある。
・債権額の過半数を有する債権者の賛成がある。

ということがあげられます。

そのため、一度個人再生をしているのに、また個人再生をするなんてけしからん!
という債権者がいる場合、反対をされてしまう可能性があるのです。

そのため、二回目以降も個人再生できるからと、軽い気持ちで個人再生を考えていると
思わぬ結果になってしまう可能性もあるため注意が必要です。


もう借金で苦しまないために

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

これまで見てきたように、個人再生を行うこと自体は一回だけに限らず、二回目以降も可能です。
しかし、個人再生をすることは簡単ではありません。
自分だけの問題ではなく、債権者などさまざまな人に影響してくる問題でもあります。

もしも自分で借金癖があるのがわかっているという方の場合は、根本的な解決を試みる必要があるでしょう。

その借金は本当にしなければいけなかった借金ですか?
借金せずに何とかすることはできませんでしたか?

ギャンブルや買い物自体を否定するつもりはありません。

ギャンブルを適度にやる分には、刺激があって楽しいですし、
買い物も気に入った洋服などを選んで買うことで気分転換にもなるでしょう。

ただ、その適正な範囲を超えてしまうようであれば、意識的に辞める必要があります。

もし、どうすればやめられるのかわからないという場合は、専門家に相談してみるのも一つの方法です。

自分一人ではどうしようもできなかったことが解決できるかもしれません。

あなたにおすすめの弁護士や司法書士はこちらから探すことができます。
↓ ↓ ↓


借金解決!無料診断シュミレーター

サブコンテンツ

このページの先頭へ