任意整理をしても起業することはできるの?

任意整理をしても起業することはできるのか?

7dcedf3f6517b1ef70cd8aa394523bb7_s

起業したい方にとって気になるのが、任意整理をすることでどのような影響があるのか、ということでしょう。

結論から言えば、任意整理をしても起業することは可能です。

自己破産と違って、任意整理は債権者との交渉に過ぎませんので特に制限は受けません。

そのため、任意整理をしたら起業ができなくなるんじゃないかという心配は不要です。


資金調達が課題

7725e05d33e817f32f0bfaff85e09c4f_s

ただし、任意整理をすることによってある問題が起きます。

それは、『資金調達』です。

任意整理などの債務整理を行なうとお金を借りられなくなるというのはご存知かと思います。

これは債務整理をすることで、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうからですね。
どれくらい登録されているのかというと、基本的には5年となっています。

そのため、少なくとも5年間はお金を借り入れるといったことができなくなります。

これは、起業を考えている方にとってはつらいところですよね。


自己資金が必須

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s

もし任意整理後に起業を考えているのであれば、可能であれば初期費用のかからないビジネスにした方が良いでしょう。

またはどうしてもやりたいビジネスがあるというのであれば、表向きの代表者は別の方などにする必要があります。

それでも、すぐにやりたいビジネスがあって自分が代表者になりたいと考えているのであれば、自己資金を用意する必要があります。

しかし、任意整理をするほどお金に困っている人が自己資金に余裕があるケースはほとんどないでしょう。

そのため、自己資金を貯めたいのであれば、アルバイトなどをして、借金の返済をしながら貯金もするようにしましょう。

やみくもに起業をしても成功する確率は低いですし、十分な準備期間が必要です。

貯金をするのには時間も掛かるでしょうから、しっかりと準備しておきましょう。


日本政策金融公庫は利用できるの?

起業を考えている人であれば、ご存知だと思われるのが『日本政策金融公庫』です。

起業をする際に融資をしてくれるなど資金調達先として有名ですが、こちらについても任意整理をすることで借り入れが難しくなってしまいます。

なぜなら日本政策金融公庫も信用情報機関に登録しているからです。
借り入れをするとなれば審査が入りますので、そこで事故情報として登録されていれば審査に落ちてしまうことになります。



もっと任意整理と起業について知りたいという方は、弁護士や司法書士に相談をしてみると良いでしょう。

無料&匿名で借金返済や債務整理の相談をしたい方はこちら
↓ ↓ ↓
債務整理無料診断



借金を相談する前に!まずはシミュレーションで借金がいくら減るかチェック
↓ ↓ ↓
借金解決!無料診断シュミレーター

サブコンテンツ

このページの先頭へ