警備員が借金を整理するにはどの債務整理がおすすめ?

警備員でも債務整理できるの?

よく言われる、
「警備員は債務整理ができない」
というのは、本当なのでしょうか?

これが本当なら警備員として働いている人は借金が返せなくなったら困ってしまいますよね。

7dcedf3f6517b1ef70cd8aa394523bb7_s

これは間違ったウワサです。

警備員に関係のある警備業法という法律で規定されている資格に対する制限は、自己破産だけです。

任意整理や個人再生などにおいては、法律上何も問題はありません。



~自己破産の前に!まずは今ある借金をいくら減らせるか試してみませんか?~


警備員が債務整理をするとどんな影響がある?

では、警備員が債務整理をするとどんな影響があるのでしょうか?

先程も触れましたが、警備員だからといって債務整理ができないわけではありません。
任意整理や個人再生については何も制限はありません。

とはいっても、自己破産の場合も一生警備員に就くことができなくなるわけではありません。

自己破産をしたことによる資格制限を受けるのは、破産手続きの開始決定から免責許可が下りるまでの半年くらいの間だけです。
免責許可がおりて復権すれば、再度警備員として働くことは可能です。

このように、警備員として働いている方でも、債務整理をすることは可能であり、制限を受けるのは自己破産の免責許可が下りるまでの一時的な期間のみとなっています。


自己破産に対する誤解

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

これまで見たきたように、自己破産に対する間違った情報が広まってしまっています。

確かに自己破産をする場合、資格制限を受けることになりますが、これは永久に続くわけではありません。
破産開始の手続きから免責許可が下りるまでの一時的な期間だけです。

これは警備員だけでなく、弁護士や税理士などの場合においても同じです。


債務整理のことを職場にバレたらどうなる?

債務整理をして職場にバレてしまったら、と不安になる方もいらっしゃいますが、心配する必要はありません。

そもそも、任意整理であれば、弁護士と債権者との間で進めるので職場にバレてしまう可能性は低いです。
また、個人再生の場合も、官報に記載されるといっても、銀行などの金融機関ならともかく、普通の会社であればそこまでチェックしきれている会社は少ないでしょう。

そして、仮に会社にバレたとしても、任意整理や個人再生をしたからといって職務上、何も問題はなく、これを理由に解雇することはできません。
仮に解雇をした場合、不当解雇になります。


悩んでいるなら弁護士などの専門家に相談することが大切

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

今回のように、債務整理に対する間違ったウワサというのは意外とあるようです。

もし、債務整理をすることで、自分にはこんな影響があるんじゃないかという心配があるのであれば、一度弁護士などに相談してみると良いでしょう。(相談は無料できるので心配はいりません)

疑問点が解消されることにより、借金返済の悩みをすっきりできるかもしれません。

債務整理について無料で相談できる弁護士はこちら
↓ ↓ ↓
債務整理で借金解決!街角相談所-法律-

【解決事例】
2015y10m15d_230138254

サブコンテンツ

このページの先頭へ