転勤などで本人が住んでいなくても住宅ローン特則は使える?

本人が住んでいない家でも住宅ローン特則は使える?

593f023e2221ae7ac65063c088ad3d93_s

住宅ローン特則は、あくまでも借金を抱えている人が今後の再建していく上で欠かすことのできない住宅を手放さずに済むようにするための制度です。

そのため、住宅ローン特則を利用するには、借金を抱えている債務者本人が住んでいないと利用することができません。

しかし、例え今は住んでいなくても、それが一時的である場合や、今後ずっと住まない場合もありますよね。

それぞれのケースでどんな扱いになるのでしょうか。


本人が住んでいないのが一時的なら問題なし

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s

会社員として働いている場合に、自分にはどうすることもできないのが転勤です。

よくマイホームを手に入れた途端に転勤を命じられたという話を聞くことがありますよね。

お子さんがいれば学校の問題などもありますし、転勤となった場合には、父親だけ単身赴任し、妻子は自宅に住み続けるというのが多いでしょう。

では、このように一時的に家族は住んでいるけれど本人が住んでいない場合はどうなるのでしょうか。

この場合は、住宅ローン特則を利用することは可能です。

あくまでも今の転勤は一時的であり、今後また本人が済むのであれば問題ありません。



~個人再生をしなくて大丈夫かも!?今ある借金をいくら減らせるかチェック~

借金解決!無料診断シュミレーター

【解決事例】
2015y10m15d_230138254


離婚後に妻子だけ住んでいる場合は?

f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s

では、次に離婚をして妻子は住んでいるけれど、本人が住んでいない場合です。

この場合は住宅ローン特則を使うことはできません。

離婚しているのですから、本人が今後その家に戻ってくることはありませんよね。
(再婚すれば別ですが、離婚する時には最初からまた復縁するなんて考えて離婚しないですよね)

本人が今も住んでおらず、今後も住む見込みがないのであれば、住宅ローン特則の利用は難しいでしょう。

しかし、上記のような場合でも、妻子は今後出て行く予定で、その後は本人がそこに住むということであれば、住宅ローン特則を使うことはできます。

要は、今後本人が住むかどうかというのが住宅ローン特則を使えるかどうかのポイントなのです。

また、共有名義で妻も債務があるというのであれば、住宅ローン特則を使える可能性はあります。


他の人に貸している場合は?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

次に今は住んでおらず、一時的に人に貸したりする場合も住宅ローン特則の利用は可能です。

転勤の間など一時的に貸すのであれば問題ありません。


妻子のために家を残したいなら

今回見てきたように、本人が住んでいないのは一時的であり、また住むという場合には住宅ローン特則を利用することは可能です。
しかし、離婚などで本人が今後済まないというのであれば住宅ローン特則を使って住宅を守るというのは難しいでしょう。

離婚をすることになったけど、子供のためにも家は何とか守りたいというのであれば、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

弁護士や司法書士への相談が無料でできるところもありますので、そういったところで一度相談をしてみると良いでしょう。



あなたに合った、評判の良い弁護士はこちらで見つかります。
↓ ↓ ↓
債務整理無料診断

サブコンテンツ

このページの先頭へ