任意整理をしてもアパートの賃貸契約ってできるの?

任意整理と賃貸契約の関係

41ebb78408a2e4e61b9e8c2d02835895_s

任意整理をすると住宅ローンを組むことができないと聞いたことがあるかもしれませんね。
それに関係して、アパートの賃貸契約をする時に任意整理の影響ってあるのって疑問に思う方もいらっしゃると思います。

結論としては、基本的には影響しませんが、物件によっては影響する、というなんとも微妙な答えになります。

不動産屋自体は、賃貸契約をする際に信用情報までは見ることができません。
不動産屋が行なう入居審査は職場への在籍確認などですね。

そのため、本人が申し出ない限り、不動産屋が任意整理をした事実を知ることはありませんので、
賃貸契約には影響しません。

ただし、物件によってはこれに当てはまらないケースがあります。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s


保証会社を使う物件の場合

まず、契約する物件が保証会社が必須の場合です。
この場合、保証会社が信用情報を調査する可能性もあるため、引っかかってしまうことがあります。

特に通りにくいのが、信販系の保証会社です。
信販系の保証会社とは、いわゆるカード系(オリコやセゾンなど)の保証会社です。

信用情報を調査された結果引っかかってしまうと、5年間はこの保証会社の審査に通らない可能性があります。


家賃の支払いがクレジットカード払いの場合

次に、家賃の支払いがクレジットカード払いの場合です。
この場合、任意整理をしているとカードを作ることができないため、賃貸契約を結ぶのは難しいでしょう。
ただし、クレジットカード払いしかないという物件はあまり多くないため、あまり気にする必要はありません。


まとめ

基本的には任意整理をしたからといって、アパートの契約ができなくなるわけではありません。
通常の入居審査で引っかかることはありません。

クレジットカード払いの物件に関しても、割合は少ないですし、あまり気にする必要はないでしょう。
他にも物件はたくさんあります。

保証会社が必須な物件というのは最近は割と増えていますが、それでも必須になっていない物件の方が多いでしょう。

でも、どうしても住みたい物件がこれらに当てはまるような場合は、専門家に相談してみることをおすすめします。
保証会社でも信販系の保証会社じゃない場合もあります。

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

これまで見てきたのはあくまでも一般論ですので、物件によってそれぞれ状況は異なります。
その地域に根ざした弁護士や司法書士などであれば、良い解決策を知っている可能性がありますので、一度相談してみるのも良いでしょう。

債務整理無料診断のような無料&匿名でできるサービスを使えば、簡単に自分にあった専門家を探すことができるので、気軽に試してみてはいかがかと思います。

【解決事例】
2015y10m15d_230138254

【借金返済シュミレーター】完全無料で自分に合った借金の解決方法を相談できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ