任意整理をしても車のリース(カーリース)ってできるの?

任意整理をしても車のリース(カーリース)は契約できるのか?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

任意整理をして少なくとも5年間はブラックリストに載ってしまっているため、車をローンで購入することはできません。
では、車のリース契約の場合、ローンと違って所有権が移らないので大丈夫そうな気がしますがどうなのでしょうか?

残念ながらリース契約の場合でも、信用情報を確認するため審査に通らない可能性が高いと言えます。

~任意整理を検討しているなら、まずは借金がいくら減るか試してみませんか?~

借金解決!無料診断シュミレーター


そもそもローンとリースの違いは?

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

ここで自動車のローンとリースについて、そもそもどういった特徴があるのか見ていきましょう。



「ローン」
・返済後に所有権が残る
・自動車税や保険料などが別途必要
・支払総額が高い

「リース」
・返済後の所有権はリース会社
・自動車税や保険料などが含まれている
・支払総額が安い



リース契約の方がなぜ支払総額が安いかというと、最初に返済後の残存価格を引いたうえでリース料を算出しているからです。
たとえば、リースの契約期間が3年として3年経過後の価値が50万円であれば、この50万円を予め引いてリース料を決めます。

最初から返済後は自分の車にしたいというのならローン、3年経過したらまた新しい車に乗りたいというような場合はリースの方が向いているでしょう。

また、ローンの場合は自動車税や保険料などは別途必要になり、維持費がかかってきます。
そういったことが煩わしいと思われるのであれば、ローンよりリースの方が良いでしょう。


まとめ

任意整理の話に戻ります。

任意整理をすると、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に載ってしまうため、ローン同様、喪明けするまでの少なくとも5年間はリースの契約は難しいでしょう。

そのため、その間は我慢をするかお金を貯めて現金一括で購入するしかありません。



もっと任意整理について疑問を解消したいなら、弁護士や司法書士に相談するのが手っ取り早いです。
お金を掛けずに無料で弁護士や司法書士に相談するにはコチラ
↓ ↓ ↓
債務整理無料診断

【解決事例】
2015y10m15d_230138254

サブコンテンツ

このページの先頭へ