任意整理後に返済を滞納すると弁護士に辞任される!?

任意整理後に弁護士や司法書士が辞任するのはどんなケース?

7dcedf3f6517b1ef70cd8aa394523bb7_s

基本的に、弁護士や司法書士の仕事は和解を締結するまでです。
しかし、大手の弁護士事務所や司法書士事務所などは完済をするまでサポートしてくれるところもあります。
また、非常に面倒な複数の債権者への支払いを、弁護士事務所や司法書士事務所にまとめて払うことで事務所がそれぞれに支払ってくれるというところもあります。

このように、任意整理で和解交渉をし、その後のサポートまでしてもらっていたのにもかかわらず、弁護士や司法書士に辞任されてしまうというケースがあります。

まずひとつは、任意整理後に弁護士費用の分割金などを支払わないケースです。
これは当然ですよね。
お金を払わない人に対して、弁護をしてくれるわけがありません。

そして、和解交渉後の返済を何度も滞納してしまう場合にも辞任をされてしまうことがあります。

これについてもっと詳しく見ていきましょう。

~任意整理をこれから検討しているならまずはシュミレーション!
借金を減らせるかもしれません。
↓ ↓ ↓
借金解決!無料診断シュミレーター


2回以上の滞納は厳禁!

交渉後の返済の滞納がなぜ弁護士や司法書士に関係するのかというと、返済の滞納がある場合、まずは債務者本人ではなく、弁護士や司法書士に連絡が行くことが多いためです。

特に滞納で注意しなければいけないのが2回連続で滞納してしまうことです。

任意整理後に2回以上滞納をすると、債権者は債務者に対して残りの返済額を一括請求することができます。
そして、債務者はこれに応じなければなりません。

任意整理の場合は、滞納したからといってすぐに強制執行されるわけではありません。
しかし、そのまま放置しておけば、裁判所へ申し立てられ、いつかは強制執行されてしまいます。

つまり、和解契約通りに支払わなければ弁護士や司法書士に迷惑が掛かってしまうのです。

そのため、2回以上の滞納は何としても避けなければなりません。


弁護士や司法書士に辞任されてしまったら

もし弁護士や司法書士に辞任されてしまったらどうすれば良いのでしょうか?

まずは、他の弁護士や司法書士に依頼するという方法があります。
しかし、2回目の任意整理を成功するのはとても難しいことです。

そのため、他の弁護士や司法書士に個人再生や自己破産など別の債務整理を依頼するという方法もありますが、簡単にはいかないでしょう。

もし、金銭的に他の弁護士や司法書士に依頼するほどの余裕がなければ、自分で債権者に交渉することになります。
とにかく謝罪をし、ちゃんと借金返済する旨を伝える必要があります。

224f823d1ca3443d3a0f74b2f9bfb887_s


借金返済が難しいならすぐに連絡!

借金返済が難しいと分かった時点で、とにかく弁護士や司法書士、債権者に対して連絡をすることが大切です。

弁護士や司法書士、債権者も、状況がわからないまま返済を滞納されてしまうのが一番困ります。
すぐに連絡をすることで、相手に対するイメージもましですし、多少多めに見てもらえる可能性もあります。



あなたの街の弁護士を探すにはこちら
↓ ↓ ↓
債務整理無料診断

サブコンテンツ

このページの先頭へ